おうちの仲人

料金一切不要でご相談。マイホーム購入についてお悩みでしたら、ぜひともご相談ください。

家づくりで失敗したと思う理由(間取り)


僕のいる札幌では気温も一気に下がり週末は荒れ模様

クリスマス前ですが一仕事終えないといけませんね。

早く回らないと大変だー

 

今回は間取りでなぜ失敗したのか?

失敗しないためにはどうすればよいのかをお伝えいたします。

 

目次

1.間取りの失敗例

2.間取りで失敗しないために

3.まとめ

 

1.間取りの失敗例

 

住宅を検討するうえで大事なポイント

 

1.間取り

2.業者選定

3.資金計画

 

その中で間取りというのは建ててしまったらなかなか変えることができませんし

今の住まいよりもより良くしたいという意味で検討しますよね。

‟間取りにこだわって検討したはずなのに間取りで失敗してしまった”

という話をよく耳にします。

 

失敗例)

・完成した家に家具が入らなかった

・お洒落な間接照明にしたが暗い部屋になってしまった

・コンセントの位置が使いづらい

・無理な工期での家づくりで設計ミスが多発した

・内装のイメージが違った

・収納が足りなかった

・言った言わないでの争いが発生した

・納得いかないまま着工してしまった

 

初めての経験ですから失敗してしまって当然なのですがこと住宅に関しては

大きな買い物ですし失敗したからといって買い替えることはできないですよね。

失敗しない計画にするためにプロ(住宅会社)がいるのにって思っちゃいますよね。

 

2.間取りで失敗しないために

 

間取りを検討するうえで一番大事なことは

‟要望の整理”

具体的なイメージを待っていなかったり広さの感覚をわからずに伝えてしまいますと

出来がったものが良いのかどうかもわからないということが起きます。

家族で話すうちは良いのですが

‟設計士”さんや営業さんにその要望を伝える能力”

が大事になってきます。

もちろん引き出してくれるプロ側の能力も必要ですが・・・

家づくりに対する「想い」「考え」「要望」「希望」etc・・・・をしっかり伝えれるように

要望をノートにまとめたほうが良いでしょう。

相手に正確に余すことなく伝えることが大事です。

 

伝え方としては

1.InstagramやPinterestなどのSNSツールでイメージを伝える

2.雑誌の切り抜き等でイメージを伝える

3.何故それがしたいかを深く説明する

言葉だけでは伝わりづらいこともありますし

‟やわらかい雰囲気”といっても人それぞれの感覚に違いがあり出来上がった時のずれが生じる可能性があります。

写真やイメージを添えることで言葉+実際の視覚で共有することができますので食い違いを軽減することができます。

例えば

‟BBQコーナーを作りたい”

それはウッドデッキでやりたいのか?

平板のタイルを敷き詰めテラスでやりたいのか?

BBQをする小屋を作りたいのか? etc・・・

こんな食い違いもいちまいの写真があれば

やりたいことも伝わるはずです。

 

また、何故やりたいかどうかをしっかり考えなくてはいけません。

それは限られた予算の中で計画を進めるうえですべて100点満点とはなかなかいきません。

場合によってはできない可能性もあります。

‟優先順位”を自分たちで整理するためにも

何故それがしたいのか?を突き詰めてまとまられた方が良い思います。

例えば

‟造作の棚が欲しい”

何故か?

自宅に少年時代から集めていた本が1000冊以上ありそれを収納したい。

棚でなくてはいけないのか?

少年時代からのコレクションとして思い入れがあるし子どもの知育として本がすぐ手に取れるような位置にディスプレイしたい。

これならただ段ボールに入れて納戸に入れてしまうようなことはないですよね?

 

3.まとめ

 

住宅計画は何度も行えるものではありませんからぜひ成功させてほしい思います。

そのうえで失敗しないために

‟的確に要望をまとめ伝える”

が大事になってきます。

僕は設計のプロではないので自分の要望はありましたが形にするのはプロの設計にお任せしました。

(設計に関しては素人の僕が作るより絶対いい)

餅は餅屋ってやつですよね。

さらに自分で間取りをあらかた作成して

‟この間取りで家を建てたいのですけど”

とプロの設計に相談する方もいますがそれは大変失礼な話です。

それであればその設計士さんにお願いする理由はないですから。

初めてのことだから失敗しないように的確に伝え任せるところは任せるというスタンスが良いと思います。

またもし可能であれば実際に立っている建物やイメージに近い物件を紹介いただき見学するのが一番ですよ!!

 

大ちゃんは中立的な立場でアドバイスするプロです。

ぜひ、住宅に関する悩みや質問などドシドシコメントお待ちしております。