おうちの仲人

料金一切不要でご相談。マイホーム購入についてお悩みでしたら、ぜひともご相談ください。

震度6強の地震


いつもブログを読んでいただきありがとうございます。

2児のイクメンパパの大ちゃんです。

北海道を襲う大きな地震がありました。

そんな時の備えについて書きます。

目次

1.水の備え

2.停電への備え

3.住宅設備の停電

4.調理器具

5.まとめ

 

1.水の備え

前回お伝えしたように僕は今入院中です。

病院内でも普段は飲める水道水から茶色い水が出てきました。

すでに断水状態の地域や今後断水になる地域もあるので水の確保ししておきましょう。

1.お風呂に水を貯めておく

2.ペットボトルやウォータージャグに飲料水の確保

3.子供用プールへ貯める

我が家は一時帰宅中にすべて行ってきました。

幸い水は出ているようですが地域によっては断水しているようなので。。

 

2.停電への備え

現在大規模停電により病院でも電気が使えない状況です。

携帯電話も充電できない状況ですので電池による充電や太陽光による充電を利用しましょう。

僕は現在クルマから電源を取ったりPCのバッテリーから電源を取ったりしています。

また、家では照明もつかないのでアウトドア用のランプや懐中電灯などの用意も必要ですね。

釣り等される方は投光器を使う際の発電機など持っている方もいますね。

 

 

3.住宅設備の停電

最近の設備ですと

キッチンの水洗が自動水栓だったり

トイレも自動だったりするのでパニックになるかたいますよね?

キッチンの水栓は引き出しの中に水栓のレバーがあります。

水の蛇口と温水の蛇口が交わった真ん中につまみがあると思いますのでそちらを右に回すと

手動に切り替わります。

トイレもリモコンではなく本体にレバーがついているものが多いので

そちらのレバーを手動で回して流しましょう。

流した後水が供給されない場合は6ℓほどをバケツにいれて流してくださいね。

 

4.調理器具

電気も使えなければガスも利用できません。

その際はカセットコンロやアウトドア用のコンロで対応するほかありません。

不便かもしれませんがカセットボンベを常備して

対応しましょう。

 

5.まとめ

災害というモノは思っていなくても急に来るものです。

携帯やスマホだけでは情報が少なく孤立してしまうので

スマホからラジコabemaTVなどのアプリを取っていると

タイムリーな情報が得られるのでお勧めですよ!!

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

要望やコメントもドシドシお待ちしています。