おうちの仲人

料金一切不要でご相談。マイホーム購入についてお悩みでしたら、ぜひともご相談ください。

家づくりで失敗したと思う理由(土地購入)


いつもブログを読んでいただきありがとうございます。

釣りが大好き2児のイクメンパパの大ちゃんです。

北海道の冬は厳しく暖房がフル稼働しています。

僕の自宅はセントラルパネルヒーティングといって温温水が環されたパネルを窓のある所に配置しています。

子どもには座るのにちょうどいい高さ。。。。

おしりもあったかパネルヒーターです(笑)

 

今日は家づくりを失敗した理由‟土地購入”に関してなぜ失敗したのか?

また失敗しないための方法をお伝えいたします。

目次

1.失敗したと思う要因

2.失敗しないために気を付けること

3.まとめ

 

家を建てるうえで必ず必要のなるのは‟土地”

新築の住宅では4つの計画に分かれていまして

1、土地同時購入

2、土地有新築(更地)

3、建替え

4、住み替え

と分かれています。

どの計画も土地がないところには建物は建てることはできません。

僕のいる北海道では新築計画をする方の8割がたが土地も一緒に探して住宅を検討します。

ほとんどの方が同じ情報を見て土地を探していますのでいい土地の奪い合いです。

 

1.失敗したと思う要因

 

その中で失敗したなぁと思う要因は

 

・目の前の道路の交通量が多く通勤時あぶない

・近所に変な人が住んでいて付き合いづらい

・公園近くの土地だが夜遅くまで話し声が聞こえ気になる

・街灯がなく夜は怖くて外出できない

・土地を買ったはいいが希望の建物が建てれなかった

・土地の改良工事に大きな費用が掛かってしまった

・近所の畑から土ぼこりが家まで入ってくる

・嫌な臭いが風向きによってする

・向かいにアパートが建ち日当たりが悪くなった

・買い物の便がいいとこに住んだが週末は周辺道路が混雑する

・騒音で夏場も窓を開けて生活できない   …etc

 

このように住んだ後に気づくことがほとんどで住んでみないとわからないと言うことも多々あります。

しかしながら初めて家づくりをする人にそのような目線で土地探しをすることができるでしょうか?

 

2.失敗しないために気を付けること

 

皆さん土地探しをするなら不動産業者さんと思っていませんか?

間違いではないのですが基本的に不動産業者さんは

そこに希望する家が建つかという視点ではなくいかにその土地が売れるかということを目的にしています。

不動産屋さんにとってのいいお客様は

土地を高く買ってくれるお客様であり立地や値段で契約してくれるお客様です。

 

つまり不動産業者さんも商売で土地を売買しています。

土地が売れないと売り上げにもなりませんのでプラスな面だけ伝える担当も中にはいるでしょう。

または、多くの不動産屋さんはそこにどんな建物が建つかまでは専門外なので土地は買ったはいいが

住んでみないとわからないようなマイナス点や家を建てることに関しての不具合においては触れないケースが多いです。

そこが家づくりを失敗する原因ともなります。

 

3.まとめ

 

では失敗しないためにはどうするか?

新築を検討される方のゴールは土地購入ではなく<住宅購入>です。

その土地に希望の建物が建つかどうか?が一番のポイントです。

 

今の時代はなかなかお客様ご自身で土地を見つけるのが難しくなりました。

土地に関しては住宅営業の経験がある不動産担当者さんや依頼先の住宅会社さんと一緒に選ぶとこのあたりの

失敗は大きく減ると思いますよ。

以前のブログ  土地探しのこと書いた記事